税理士法人 真下経営

真下経営ロゴ

税理士法人 真下経営

2018年10月02日

役員への金銭貸与と給与課税「適正利率」での計算がポイント

会社は利益の追求を目的としているため、役員や従業員にお金を貸す場合、必ず利息を徴収する必要がある。

そのため、無利息でお金を貸すと給与課税の問題が浮上する。会社が役員に金銭を貸し付け、貸付利息を受け取る場合には、役員が支払う利息が適正な利率によって計算されたかどうかによって取扱いが異なるので注意したい。

そこで問題となるのは、会社と役員との間で金銭の貸借が行われた場合の「適正な利率」とそれに基づく算定である。

まず、会社などが貸付けの資金を銀行などの金融機関から借り入れている場合(いわゆる「ひも付き」)には、その借入利率(平均調達金利=(前事業年度の支払利息合計)÷(前事業年度の借入金平均残高))となる。それ以外の場合は、銀行金利に国が定めた利率で、近年の特例基準割合(毎年変わる)は、2014年:年1.9%、2015年:年1.8%、2016年:年1.8%、2017年:年1.7%と推移している。

上記の利率により計算した利息の額と実際に支払う利息の額との差額が、給与として課税されることになる。

役員から受け取った利息が適正な利率の場合は、会社の経理上、受取利息として益金計上され、法人税が課税される。適正な利率よりも高い場合は、適正な利率を上回る部分については、その役員からの受贈益として益金計上され、適正な利率部分と同様に法人税が課税される。

 


2018/11/06
年末調整手続きの電子化を推進「電子的控除証明書を添付・送信」が可能に
2018/11/01
立命館大学がスポーツビジネスに着目「社内起業型」の事業家育成で講座を開講へ
2018/10/29
来年1月から「スマホ申告」開始対象は年末調整済みの給与所得者
2018/10/25
「CASE時代」にマツダが提起した独自路線新たな価値創造でアートと車のコラボ
2018/10/22
法人の黒字申告割合7年連続上昇申告所得金額は過去最高額を更新
2018/10/18
頻発する自然災害が注目度アップの背景に?今後主流になる可能性が高い「ESG投資」とは
2018/10/15
QRコードを利用したコンビニ納付2019年1月4日から全国で利用OKに
2018/10/12
コミュニケーション能力向上を促す!ドイツ生まれの非日常型研修「DID」とは?
2018/10/09
17年分民間平均給与は「約432万円」女性の平均給与は過去最高の「287万円」
2018/10/05
コーポレート・ガバナンスのガイドラインを改訂 経産省、「後継者計画」の明文化の必要性を提示
2018/09/28
オンラインでできる「PR力診断」の活用法とは無料・短時間で明快な“KPT”が可能に!
2018/09/26
自筆証書遺言の利便性が格段に向上相続法改正で方式緩和と保管制度が創設
2018/09/21
残高8兆円超と成長を続ける「ラップ口座」割高な手数料でも人気を集める理由は?
2018/09/19
ゴルフ場利用税は廃止されるか文科省、7年連続で廃止要望提出