税理士法人 真下経営

真下経営ロゴ

税理士法人 真下経営

2018年09月21日

残高8兆円超と成長を続ける「ラップ口座」割高な手数料でも人気を集める理由は?

金融機関に運用を一任する「ラップ口座」の契約数が増え続けている。日本投資顧問業協会によれば、今年6月末時点で残高は初めて8兆円を超えた。契約件数も右肩上がりに伸びており、約76万件と過去最高を更新している。運用を一任するという性格上、「ラップ口座」の手数料は割高だ。運用成績の如何にかかわらず、一定のコストがかかる。たとえば三井住友銀行や野村證券などでは年間に約30万円程度必要であり、金融機関側にとっては“おいしい”商品だといえる。

それでも売れているのは、投資にかかわる面倒な手続きや分析を敬遠する層が、高齢者を中心に存在しているからだ。そこに着目した金融機関側は、相続対策を組み込んだラップサービスを急激に展開している。たとえば大和証券は、運用資産から生前贈与できる仕組みを導入。野村證券は、相続時に換金する必要のない信託の仕組みを組み込んだ「ラップ信託」の提供を開始している。信託のまま相続すれば、そのまま相続人が運用を継続することも見込めるというわけだ。

見落としがちだが、日本の個人金融資産の大半を所有しているのは高齢者である。60歳以上世帯の平均貯蓄額は2,000万円以上といわれており、「塩漬けにするよりは、多少手数料がかかっても増やしたい」と考える人もいるだろう。ただ老後資金として堅実な資産運用を目指すならば、「金融機関任せ」のサービスへの依存は危険ではないだろうか。その点で投資家教育も今後の課題だ。


2018/10/15
QRコードを利用したコンビニ納付2019年1月4日から全国で利用OKに
2018/10/12
コミュニケーション能力向上を促す!ドイツ生まれの非日常型研修「DID」とは?
2018/10/09
17年分民間平均給与は「約432万円」女性の平均給与は過去最高の「287万円」
2018/10/05
コーポレート・ガバナンスのガイドラインを改訂 経産省、「後継者計画」の明文化の必要性を提示
2018/10/02
役員への金銭貸与と給与課税「適正利率」での計算がポイント
2018/09/28
オンラインでできる「PR力診断」の活用法とは無料・短時間で明快な“KPT”が可能に!
2018/09/26
自筆証書遺言の利便性が格段に向上相続法改正で方式緩和と保管制度が創設
2018/09/19
ゴルフ場利用税は廃止されるか文科省、7年連続で廃止要望提出
2018/09/18
「人材を選ぶ」時代から「企業が選ばれる」時代へ“募集要項のない中途採用”を開始した企業も
2018/09/14
経産省が2019年度税制改正要望を公表 研究開発税制や「OS税制」の拡充等
2018/09/10
事業機会創出から人材確保まで期待できる?中小企業の新たな評価指標「SDGs」の可能性
2018/09/04
贈与時と譲渡時とで異なる路線価譲渡は路線価を0.8で割り戻し算定
2018/08/31
寄付メインからマーケティングの場へと変化!クラウドファンディングの「新しいカタチ」とは
2018/08/27
固定資産の「修繕費」と「資本的支出」区分けは名目ではなく実質によって判断