税理士法人 真下経営

真下経営ロゴ

税理士法人 真下経営

2018年07月18日

8月は個人事業税の第1期分納付個人事業税は租税公課として経費

個人事業税は、個人が営む事業のうち、地方税法等で決められた事業(法定業種)に対してかかる税金だ。現在、法定業種は70の業種があり、ほとんどの事業が該当する。

個人事業主は、毎年3月15日までに前年中の事業の所得などを、都道府県税事務所に申告することになっている。ただし、所得税の確定申告や住民税の申告をしたときは個人の事業税の申告をする必要はない。

確定申告をしていれば、8月に都道府県税事務所から納税通知書(第1期分(8月分)と第2期分(11月分))が送られてくる。

個人事業税を納付した場合には「租税公課」の勘定科目で仕訳する。個人事業税は租税公課として経費にできる。

なお、年の中途で事業を廃止した場合は、所得税の確定申告や住民税の申告とは別に、廃止の日から1ヵ月以内(死亡による廃止の場合は4ヵ月以内)に個人の事業税の申告をしなければならない。

納付時期は、原則として8月、11月の年2回(第1期納期限:8月31日、第2期納期限:1130日(休日の場合はその翌日))。8月に都道府県税事務所から送付される納税通知書により各納期に納める。納付には、都道府県税事務所や金融機関の窓口を始め、口座振替、コンビニエンスストア(1回分の納税額が30万円以下に限る)、クレジットカード納付、金融機関等のペイジー対応のATMも利用できる。

 


2018/08/08
消費税の課税期間の短縮の特例課税期間に応じた還付も可能に
2018/08/06
スウォッチグループなど有数ブランドが離脱見本市への出展は現在のビジネスに合わない?
2018/07/30
夏祭り等への協賛金支出の取扱い原則寄附金も広告宣伝費の場合も
2018/07/27
「セブンの生ビール」販売中止の原因?SNSに潜むソーシャルリスクの大きさと怖さ
2018/07/25
会社主催の海水浴費用の取扱い 社員の家族同伴も損金算入は可能か?
2018/07/23
老後に備えた資産運用、約6割が「していない」 社会施策としての資産運用を普及すべき段階に
2018/07/17
同業他社間で人材採用を相互に受け入れ!大手私鉄11社のダイバーシティマネジメント
2018/07/12
2018年分路線価は0.7%増と3年連続上昇日本一は33年連続で銀座「鳩居堂前」
2018/07/09
さまざまな経営の悩みをスマホで解決?!経営者限定のビジネスマッチングアプリ
2018/07/05
審判所への「直接審査請求」が増加 29年度審査請求のうち68.4%が直接請求
2018/07/02
WEBカメラとイラストだけであなたも“VTuber” 簡易な動画マーケティングツールが登場
2018/06/25
17年度査察白書、脱税総額135億円 着手174件中検察庁に113件を告発
2018/06/22
資産運用会社に「手数料優遇廃止」を提言 ボストンコンサルティングのリポートの意味
2018/06/20
必要経費になる青色専従者給与 年の途中の支給打切りには注意!