税理士法人 真下経営

真下経営ロゴ

税理士法人 真下経営

2018年05月22日

架空人件費の計上はダブルで追徴課税 納税していた源泉徴収額は還付?

  脱税の手口でポピュラーなのは経費の架空計上だが、特に中小企業にみられる手法に、実際には支払っていない給料やアルバイト代などの人件費の架空計上がある。

 架空人件費の計上には、まったく架空の従業員をねつ造する強引な手口もあるが、多いのは勤務実態のない家族などを「社員」にして人件費を過大計上する手口だ。さらには、架空計上がばれないように、この架空人件費に対する源泉所得税を、ご丁寧に納税しているケースもみられる。きちんと源泉徴収しておけば、架空計上は調査されないと考えるのだろうが、税務調査はそんなに甘くはない。

 このような所得の圧縮が税務調査などで判明した場合は、損金となっていた架空人件費が役員賞与とみなされて損金算入が否認され、増えた所得に対して法人税が追徴されるだけでなく、役員賞与として追徴課税される。つまりは、法人税と所得税で「ダブル追徴課税」されることになるわけだ。

 ところで、上記の架空人件費に対して納税していた源泉徴収額については、実際には支給されていない給与に対するものであることから、還付の対象となる。第三者からみれば、税金をごまかしたペナルティーとして没収してもいいように思えるが、税法にはそのような罰則規定はない。納税の意図はともかく、間違って納めたものは返してくれる。

 ともあれ、結局余分な税金を納めるはめにならないように、適正な申告を心がけたいものだ。



2018/05/18
月に平均15時間!シフト作成の手間を削減 リクルートのクラウド型管理ツールとは?
2018/05/16
源泉徴収が必要な報酬・料金等 名目ではなく実態で対象を判断
2018/05/16
千葉競輪場のリニューアル費を全額負担! 公営競技の再生で「日本写真判定」の勝算は?
2018/05/01
18年分路線価は7月2日に公表予定 確実視される3年連続での上昇
2018/04/27
有名企業も導入!“おもてなし”もAIの時代へ チャットボットサービスが生む新たな市場戦略
2018/04/24
仮想通貨の補償金は雑所得で課税 非課税の損害賠償金には該当せず―国税庁
2018/04/19
「ポイント」で投資できる資産運用サービス! 低リスク・手軽さが金融商品のトレンドになるか
2018/04/16
司法書士への源泉徴収方法には注意を 税理士や弁護士とは異なる税額計算
2018/04/13
朝食から花粉症対策まで、多様化する福利厚生 「健康経営」と「生産性向上」の両立がカギ
2018/04/12
赤字法人割合は7年連続の減少 所得金額は59.5兆円で過去最大を記録
2018/04/11
“ヒト”の管理を省力化して経営を効率化! 「ホラクラシー経営」のメリット・デメリット
2018/04/09
2018年度税制改正法案が成立 個人所得課税の見直し等が中心
2018/04/06
Yahoo! JAPANの人気広告枠は意外と低価格?!価格戦略から見えるマス・マーケティングの現在
2018/03/27
自動車税や軽自動車税の節税方法 新規登録の自動車は月初めに登録