月別アーカイブ: 2012年10月

モモ

家柄木

お彼岸が過ぎたら、急に朝晩冷えるようになりましたね。

風邪をひかないように気を付けたいところです。


さて、みなさんは「モモ」という本を読んだことがありますか。「桃」ではありませんよ。

読んでいないだけではなく、知らないという人が多いのでとても驚きました。


「モモ」はドイツ人のミヒャエル・エンデという人がかいた児童本です。

ミヒャエル・エンデの名前を聞いて、聞き覚えがあると思った方は素晴らしい!!

ミヒャエル・エンデは「ネバー・エンディング・ストーリー」を書いた人です。

「ネバー・エンディング・ストーリー」がすっかり有名になってしまい、「モモ」はその陰に隠れてしまっていますが、どちらかというと私は「モモ」の方が好きです。


「モモ」を読むと、はっとさせられる言葉がたくさん出てきます。

大人になるにつれて、忘れてしまった大事なことを思い出させてくれるのです。


毎日忙しい忙しいと言っている人、時間がない時間がないと思っている人。

忙しく動いているのに、余裕な時間ができるどころか、ますます忙しくなっていませんか。

この本は浮浪児の女の子が、盗まれた時間を取り戻すお話です。

この本を読めば、なぜ時間がないのかわかると思いますよ。


ぜひ、読んでみてください。つまらない大人にならないためのステップと思って。

法人監査部 家柄木